So-net無料ブログ作成
検索選択

アマナ (甘菜) [花]

スプリング・エフェメラル(=春の儚いもの)という言葉をご存知でしょうか。

春、まだ背の高い草が伸びる前に 枯れ草の中に花を咲かせ、

花が終わる頃に背を伸ばしてきた他の草の中に埋もれてしまって

まるで 「あれは幻だったのかな」と思わせるような花のことをいいます。

そんな花のひとつにアマナという植物があります。

001.jpg

上の写真は県内の一級河川の土手です。

この中にアマナが咲いています。

日当たりが良く、湿り気のあるこんな土地を好むのですが

環境の変化で減少しています。

030.jpg

チューリップの原種のような姿ですが、ユリ科 アマナ属。

日がもっと照ると花が開きます。

花の大きさは1.5cmくらい。

球根が甘く、昔は食用にしたんですって。

たくさん生えていたんですね。

020.jpg

私は数年前に一度だけ偶然にアマナに会ったことがあります。

だからこの枯れ草の中の花を見つけることができたんです。

目立たない、雑草と呼ばれる花に魅せられて

急な土手を下りたり登ったり、這いつくばって写真を撮ったり・・・。

3月21日もとても楽しかった招き猫です。

同じ河川敷にて

017.jpg

オオイヌノフグリ

032.jpg

ガクが反り返っていないので 関西タンポポ

052.jpg

ヒメオドリコソウ

053.jpg

ホトケノザ

027.jpg

茂みの中からはウグイスの声

近くにあった公園にて

043.jpg

空に溶け込みそうな一重の梅

046.jpg

艶やかな八重の梅


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

美作の野草群生地へ [花]

篠山のセリバオウレンと一華の(イチゲ)仲間の自生地へ行った時

私たちと同年配のご夫婦にお会いしました。

奥様が運転をされて、ご主人が写真を撮って、

あちこちに花を訪ねて行っていらっしゃるそうです。

その奥様がおっしゃるには

「ここの花は小さいね。色も薄いし・・・」

ここか植物園でしか見たことのない私は

「そうなんですか」 と言ったものの、自分ちの庭の花をけなされた感

無きにしも非ず。 (T_T)

それと共に、そんな花を見て見たい気持ちも・・・(゜-゜)

そこで、自生地をネットで探していって参りました。

001.jpg

久しぶりに中国道を西へ。

岡山県美作市 「河会 山野草群生地」

地域の方が管理されていて、入園料は200円。

ちなみに篠山の自生地には管理人さんがいませんが

協力金を入れる箱があります。

016.jpg

011.jpg

セツブンソウ (節分草)

広さはさほどでもなく、花も大きいとも濃いとも思えません。

花と出合った時期の問題ではないでしょうか。

021.jpg

管理人さんが親切で、見ごろの花の場所を教えて下さいました。

032.jpg

セリバオウレン (芹葉オウレン)

040.jpg

ユキワリイチゲ (雪割一華) 

山と隣接した他人様のお庭から (管理人さん宅?)

029.jpg

福寿草

これは自生ではないでしょう^^

041.jpg

キクザキイチゲ (菊咲き一華) かな?

イチゲたちは日が当たらないと花びらを開かないのに

どうして山陰に自生するのでしょう。

013.jpg

美作という所は春が遅いようで、梅の花もまだチラホラ。

神戸チベット地区は5分咲き。

ミツバチのように花を追って北上ドライブも良いかも。

地図で近くに滝を見つけていたので、

場所を教えてもらって行ってきました。

055.jpg

天石門別(あまのいわわけ)神社のすぐ裏にある“琴弾の滝”

053.jpg

岡山市を通って瀬戸内海に流れ込む吉井川の支流です。

069.jpg

夏、緑滴る頃 もう一度ここを訪ねたいです。


nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

離宮公園の梅 [花]

夫から 「離宮公園の梅を観に行こうか?」と珍しく誘われました。

「今日は黄砂が飛んでくるってニュースで行ってたよ」

「そんなん気にしてたら どこへも行かれへん」

勝手なこと言う人やな、と思いましたが、ここで断わると

次から私が勝手を言えなくなりますので、

3月8日(金)に須磨離宮公園へ行って参りました。

116.jpg

ほら~、やっぱり撮影日和じゃないぃ。

003.jpg

途中で買っていったコンビニ弁当。

夫が退職して、二人で出かけ始めた頃は

コンビニのお弁当で済ませるなんて思ったこともありませんでした。

今はすっかり 質より出かける量になっています。

122.jpg

ジュウガツザクラ (バラ科)

今年は花の色が濃いです。

021.jpg

アセビの白は今が一番美しいときでしょう。

022.jpg

ジャングルジムにもたくさんの蕾ちゃん。

023.jpg

平日なので、園内は高齢者幼児と母親。

036.jpg

やっと梅園に着きました。

眼前に須磨の海が広がる※旧武庫離宮の園内はかなりの広さがあり、

北西端の駐車場から南東端の梅園まで

できますれば 馬車をご用意願いたいです。

 ※大正3年完成。 戦災により消失、神戸市に下賜。

   昭和42年 須磨離宮公園完成。

044.jpg

梅にはそれぞれ名前があるのですが、種類が多すぎるので省略します。

101.jpg

しだれ梅

051.jpg

大勢の人がいるというのに、すぐ傍にいたシロハラ。

046.jpg

  「え、撮ってたの? 言ってくれなきゃ」

054.jpg

梅の香りなのか、水仙の香りなのか、

花粉症気味の 我が花 には区別できません。

064.jpg

八重の花が多い中、一重が清々しく感じられました。

113.jpg

これは艶やか♪

076.jpg

白い花びらの中心に 後ろのガクが透けています。

091.jpg

水仙をマクロレンズで撮ります。

100.jpg

ガクが緑色で名前は“青がく”

日本では青と緑が同意なんです。

107.jpg

まつげを伏せて、うなじを垂れて、木にもたれている乙女。

126.jpg

公園を出る間際に出会った梅。

少しの時間の経過で 来た時には目立たなかった梅が

舞台の中央に出てきたかのようです。


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

セリバオウレンのほのかな色 [花]

同時期に咲くセツブンソウとセリバオウレンですが、

セリバオウレンの方がほんの少し花期が短い気がします。

そう思う理由は、私が白い花の中心のピンクのシベを

なかなか見られないから。

今年は「セリバオウレンのピンクのシベが見たい!!」

と早めに自生地を訪ねました。

  注:

セリバオウレン  キンポウゲ科

両性花と雄花と雌花があり、花の形はそれぞれ少しづつ違います。

   2月26日(火) 曇

005.jpg

春の柔らかな光を浴びて 飛び立とうするかのような

コブシの花芽と その脇に葉芽。

030.jpg

まだほんの少しですが 自生のセリバオウレンが咲いていました。

が・・・・・・・・ピントが合わない! のではなく、

手振れがヒドイ (>_<)

この前日、庭木の剪定という男前な仕事をした招き猫、

慣れない力仕事に手と腕にまだふるえが出ています。

足場が悪いので三脚は無理。

三脚に気を取られて足を滑らせる怖れあり! (T_T)

041.jpg

それでも数をこなしているうちに なんとかピントが合うようになって来ました。

セリバオウレン034.jpg

山陰のせいでしょうか、中心のピンク色が薄いです。

024.jpg

セツブンソウも少し。

055.jpg

053.jpg

050.jpg

アズマイチゲも 開いていないけれど 少し。

一週間後にはキクザキイチゲも見られるかな。

その次はイチリンソウ、ニリンソウ。

スギ花粉の飛散とイチゲたちの開花の最盛期が重なるのが辛い。

061.jpg

フキのトウ・・・じゃなくて、フキの蕾。

良い撮り方が思いつかなかったので、そのまんまパシャ!

062.jpg

こちらがフキのトウですね。

残念ながらまだ食べたことがありません。

オマケに“枯れもの”を(^^)

056.jpg

シャクナゲでしょうか。

059.jpg

ハロウィンのカボチャです。 後ろの白は融け残った雪。

060.jpg

干し柿の花。

枯れても実が落ちても、美しいものは美しいです。

・ 


nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

森林植物園のロウバイ [花]

私、PC依存症じゃないかしら・・・・・。

一日の内にPCに向かっている時間が不必要に長く、

ふと不安になりました。

ゲームに夢中になったり、手芸に夢中になったり。

それで他の事をするのが全て面倒になってしまう・・・。

過去にそういうことがありました。

エライコッチャッ!

が、今の内なら泥沼から抜け出せる。

以上がしばらくコメントのお返事と記事の更新を怠っていた

言い訳でございます。  (= ^ ^ ゞ

081.jpg

PC依存症から抜け出すべく、毎日カメラを持たない散歩を続けていましたが

先日、他人様の家の庭にローバイが咲いていました。

しばらく塀の外から見とれていて、帰宅してから夫に

「ローバイが咲いていたよ」と話すと、

今朝になって 「森林植物園へローバイを見に行こう」

と誘ってくれました。

043.jpg

エントランス広場に

近畿地方では珍しい渡り鳥、オオマシコが

 3年ぶりに森林植物園にやってきました」

と看板が出ていました。

そういえば、大きなレンズを持った人たちがたくさん歩いています。

045.jpg

048.jpg

私は紫陽花のガクなどを撮ります。

049.jpg

大きなレンズを持った人の視線の先にはシジュウガラ。

まさか~、と思い、

「何を待っているのですか」と訊くと、

「ジョウビタキ」 だそうです。

「ジョウビタキなら うちの町内に良く来ていますよ」

・・・あ、余計なことを言っちゃった・・・

あわてて

「あれは何の実ですか」と話を変えると、

「ナンキンハゼです^^」と教えてくれました。

・・・じつは知ってたのよね^^; ・・・

055.jpg

ロウバイ(蝋梅)は五分咲き。

入り口で貰ったパンフレットの「森林植物園の花ごよみ」の一番に

ロウバイが書かれていました。

1月中旬~2月いっぱい見られるそうです。

050.jpg

ロウバイは下を向いて咲くので、上の写真は下から見上げて撮りました。

058.jpg

フライングしてしまったリキュウバイの蕾。

さっきの花ごよみだと リキュウバイは4月だよ!

061.jpg

オニグルミの芽。

形が人間っぽく見えて、面白いからいつも撮ってしまう。

062.jpg

大きな大きなコナラの木。

064.jpg

茶色い風景の中で鮮やかな緑や赤を見つけると

ほっとしますね。

066.jpg

白侘び助椿の蕾。

開花はいつになるかしら。

コンコンコンコン・・と軽い音が響いてきます。

耳を澄まして、方角を探って・・・・・・

いました♪

074.jpg

コゲラです。

067コゲラ.jpg

足の形が並みの小鳥のものじゃない!

078.jpg

森のレストランで昼食。

サワークリームとバジルで美味しい

レストランの窓から何かを撮っている人が見えたので行ってみると・・・

079.jpg

セツブンソウ

080.jpg

節分の頃に花を咲かせるから 節分草なのですが、

いつもスギ花粉が飛んでいる時期にセツブンソウを撮りに行っているような

気がします。


nice!(9)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

寒牡丹 [花]

私は牡丹の花期を知りませんでした。

園芸種に興味がほとんどないのですが、

それもほどほどにしないと寂しいオンナになってしまいそうな気がしてきました。

それが理由じゃないけれど、三田市永沢寺で丁度今寒牡丹が見られると知り

行ってきました。

牡丹の花期は4月下旬~5月中旬。

それをワラで囲って 中に電灯を入れて日照時間を長くして

今の時期に咲かせたのが寒牡丹です。

日本人ってホントーに園芸が好きなんですねぇ。

030.jpg

新聞に載っていた写真は雪の中の寒牡丹でしたが この日は暖か。

037.jpg

ワラ囲いが20個ほど

038.jpg

6月には花菖蒲園になる 広い園の入り口近くにに並んでいました。

室内には やはり早咲きさせた鉢植えの椿が展示されていました。

044.jpg

侘び助の一種ですね。

047.jpg

乙女椿っぽい花。

049.jpg

カタカナ名前・・・。

060.jpg

花びらの薄さは何にたとえれば良いのでしょう。

天女の羽衣?

見たことが無いので・・・。

大輪の花の撮り方が分からないので お粗末な写真です。

尼ん滝に寄って帰ります。

山の中の道路脇の小さな滝なんですけれど

形が良いんです。

079.jpg

おお、珍しく水量がある!

085.jpg

つららと氷が全く無いです。

092.jpg

小さな滝を相手に シャッタースピードや露出を

あ~だこ~だと変えて何枚もパシャッ!

126.jpg

見上げるとヤブツバキの蕾。

まだまだ固そうね。

127.jpg

光はすっかり春なのに。

130.jpg

枝だけになっても好きなサルトリイバラ。

この枝から新芽が出るのかな。

この枝はもう枯れているのかな。

久しぶりのフィールドが楽しくてしかたのない招き猫でした。


nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

秋バラ …凛と咲く… [花]

道路の脇、フェンスの外のほんのわずかなスペースに

町内の人が花を植えてくださっていて、

そこを通るたびに 秋バラを撮りたいな と思っていましたが

神戸チベット地区は風が強く、なかなかチャンスがありませんでした。

風の止んだ昨日、100mmマクロレンズだけを着けて行ってきたのですが

014.jpg

時すでに遅し。。。

068.jpg

11月15日に撮っていた花ですが

このときにお二人の男性に出会い、一緒に写真を撮ることになったのですが

カメラのことや、後で色を修正される話などを聞いていて

無心で花を撮ることが出来なくなってしまったので

上手とか下手とかというより、心のこもらない写真になってしまいました。

063.jpg

それでもここにアップして日の目を見せてやりたい親心。

秋バラの良さって 私の場合は自分が齢をとってから気が付きましたね。

初夏のバラは華やか過ぎて気後れするのですが、

秋バラは育ちの良い老婦人が富や権力がうたかたの物と気付いたあとに

おのれ一人 凛として生きている姿を感じます。

富も権力も育ちの良さにも縁がなく終わりそうな招き猫ですが

一人の花として秋バラに憧れを抱かずにはおられません。

064.jpg

町内で写真を撮っていると知人に会うことが多く、

大きなカメラバッグを持っていると気恥ずかしいものです。

なので 「今日は秋バラのみを撮る」とマクロレンズだけの軽装で家を出てきたのですが

秋バラは一枚目の写真の花しかなくて

せっかく出てきたのだからと少し歩いてみました。

003.jpg

013.jpg

035.jpg

うつむいてしまった菊も、

植えっぱなしで先祖がえりしてしまった菊も

最後まで「私は咲く」という自然の意志に逆らわない姿勢に

心を打たれます。

036.jpg

021.jpg

ノイバラの赤い実。

022.jpg

ヘクソカズラの茶色い実。

025.jpg

トベラのはじけそうな実。

030.jpg

道路の植え込みのアベリアのガク。

031.jpg

そしてドウダンツツジの最後の炎上。

被写体を求めて 何も遠くまで行かなくてもいいじゃない。

重いレンズを余分に持ち歩かなくてもいいじゃない。

夫の二日酔いのせいで今年は紅葉狩りにいけなかった

・・・なんてふくれることもなかったじゃない。

と思えるのはチベットに強い風が吹かなくて

気持ち良く写真が撮れたからだと思うのですが・・・。

   おまけ

019.jpg

帰化植物で 繁殖力がおおせいで

な~んとなくアレルゲンのような気がするから キライ!

という人の多いセイタカアワダチソウ。

でもね、私はこのキタナイ色の泡ブクブク状綿毛を見ていると

地球の汚染された空気を浄化してくれようとしているような気がするんです。


nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

サクラタデ [花]

002.jpg

  ・・・私の片翼が飛ばされていく・・・・・・・

  どなたか、どなたか取ってきてくださいませんか!

サクラタデの群生地が西区にあると聞き、

当てもなく土地勘のない西区に行きましたが見つけられず。

それでも西区を通過するときは ちょっと寄り道して

探し続けていたのですが、どうにも見つけられません。

このままでは今年のサクラタデを見ずに終わってしまう・・・。

と 群生はあきらめて、いつもの場所へと行ってきました。

いつもの場所では2~3株しか見られません。

群生を見たい!とこだわったわけがお分かりでしょう?

013.jpg

今年は一株だけ。

年々減っています。

008.jpg

一株では画像がショボイので、ミゾソバと重ねてみました。

どれがサクラタデか分からない画像になっただけでした。

こんな中でも私はよくサクラタデを見つけられること^^ と感心。

虚仮の一念? (=バカ者が一途に思ったり、したりすること)

そうでしょうね。 認めます (= ^ ^ ゞ

016.jpg

紅を差したミゾソバ

019.jpg

それをバックにサクラタデ

020.jpg

赤いミゾソバ

ピンク一色、白一色の花もあるんですよ。

さて、この一株のサクラタデを撮っている間に

側の畑にすき込まれた牛糞の匂いがシッカリしみ込んでしまった招き猫、

「帰ろうか・・・」と言いながらも 未練たらしく

ミゾソバやイヌタデが咲いている溝を覗き込みます(゜_゜)

「う~~~~~、お父さんは川の方を見てきて!

 私はあっちの畑の方まで行ってみるから。」

命令されたお父さん(夫)、いい加減あきあきしています。

004.jpg

ミゾソバをバックに 枯れた彼岸花の花茎の上に止まっている

ナツアカネ

暖かい季節が終わろうとしています。

021.jpg

テントウムシ

同じセイタカアワダチソウを上下左右に動き回るテントウムシを

厭きずに見ていると、

「この子、方向音痴?」 と思ってしまいます。

034.jpg

セイタカアワダチソウの蜜が美味しいのか 

たくさんのハナバチが来ていました。

でもねぇ、レンゲやアカシア蜂蜜はあるけど、

セイタカアワダチソウ・ハチミツ・・・・・・・w(゜o゜)w イラナイ

040.jpg

東西に伸びる道を歩いていると、

南側の花は背を向けて、北側の花は顔を見せて咲いています。

背中側のアキノノゲシ

しょく台で燃え尽きたローソクと灯っているローソクに見えました。

秋は寺社詣でをしたくなる季節でもあります。

041.jpg

あった… 見つけた…

群生とは言えないけれど、サクラタデが咲いています。

「お~と~お~さ~~ん。 こっち こっち^^」

サクラタデはソバ畑の隅っこに咲いていました。

草がしげっている所へ踏み込んで、その下が水だったら・・・。

いや、もし、グニュッとした物を踏んだら・・・(≧ロ≦)

・・・・・怖いな。

遠回りしても土の乾いた所から行こう。

遠回りして 大きな畑の反対側へ行くと、

そこにもサクラタデが咲いていました。

042.jpg

キツネノマゴの花期もそろそろ終わりですね。

043.jpg

この花は 咲く順序が分からないわ。

046.jpg

「撮り放題^^」 なんて下品なことを言っていいのかな。

047サクラタデ雄.jpg

少しトリミングで大きくしますね。

054.jpg

056.jpg

057.jpg

061.jpg

いや~、撮った撮った。

コツブキンエノコロ君 元気? ハッハッハッ・・

031.jpg

桜タデに秋桜。 いいわね~。

このコスモスは手前の観光芋ほり畑の客寄せ用。

今日はお天気も良くて、お花見日和でした。


nice!(9)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

神戸農業公園 [花]

神戸農業公園、愛称=神戸ワイン城 というのがあります。

開園当初は高い入場料に高い駐車料金が必要でしたが

今は無料です。

西区へサクラタデを探しに行きましたが

サクラタデは見つけられず、

008.jpg

010.jpg

ユウゲショウ と ハルジオンを撮ったら

もうサクラタデ探しがイヤになってしまって、

近くの神戸ワイン城へ行きました。

019.jpg

私がここへ来たのは初めてですが、

ワインに関する展示などに興味が無いので城内に入りません。

最初に目に飛び込んできたのはコスモス畑。

016.jpg

300mmで撮ったので圧縮されていますが

それでも今年一番のコスモス畑です。 o(*^^*)o

017.jpg

   「キレイねえ」

018.jpg

   「な~に? あ、コスモス畑♪」

012.jpg

スポットライトを浴びている花もあります。

024.jpg

神戸ワイナリーとして造られたときは

ワイン城とブドウ畑だけだったのですが、

今は農業公園になっていて、

農業・陶芸体験などが出来るようです。

025.jpg

オニグルミの葉かな?

026.jpg

木の上のほうが キラッと光ったので 何かな?と撮ってみると、

栗のイガの内側に日の光が当たっただけでした。。。

028.jpg

作られた自然以外に何も無い所です。

広すぎて疲れて来ました。

広い公園を一周して、

見えなくなっていたワイン城がまた見えてきてホッ。

迷子になったらどうしよう・・・(T_T)

と思ってしまうぐらい、平日とはいえ人に会わないのです。

そんな時・・・

032.jpg

宮本武蔵の 「枯木鳴げき図」 !!

雀でも動物に会えてウレシイよ(T_T)

033.jpg

ブラシノキの花の咲き残り。

037.jpg

百日草の改良種

040.jpg

マリーゴールド

ここはプランターの花ばかり。 σ(^_^;)

最初のコスモス畑が見えてきたとき、

前方の木にホオジロが止まりました。

ホオジロ1.jpg

わたくしごとき初心者に、順光で撮らせてくれる鳥など

滅多にいません。

数枚撮らせてくれて 飛んで行きました。

047.jpg

公園に入ってきたときとコスモス畑に差す光の角度が変わっています。

うっとり、うっとり。

同じアングルで何枚も撮る招き猫でした。


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

淡河 不動滝 [花]

ただ今 私たちは サクラタデを探して撮る 

という目的を持って行動しております。

いつもの 里山のお見回り とは違います。

西区にサクラタデの群生地がある!との情報を得たのですが

神戸市西区にどれだけ田園が広がっているか分かりますか。

しかも運転手は一度車を動かすと

信号が赤の時以外は止まらない人。ときたもんだ。

あのね、サクラタデは 湿っていて日当たりの良い所に生えているんだよ。

舗装道路の脇には生えていないの。

ネコジャラシじゃあるまいに。

だから今日は目的地を 淡河の不動滝にしました。

不動滝は淡河八幡神社で神事がある時に

“みそぎ”をする場です。

下調べでは詳しい道は分かりませんでしたが

淡河神社から遠くなく、

山奥まで行かなくても良い所にあるはずです。

車を林縁の農道に置いて、道らしき所へ踏み込みます。

004.jpg

一株のタツナミソウを発見。

タツナミソウは何種かありますが、

細かい違いを調べるのはイヤだ。

だからタツナミソウでいいのだ。

タツナミソウの花期は初夏のはずだけど・・・。

007.jpg

コナスビも初夏の花。

はッ! ワンダーランドを見つけてしまったのかも (゜-゜)

016.jpg

イヌホオズキ

行き止まりになったので 元の道に帰って林縁をブラブラ。

026.jpg

アキノノゲシ

024.jpg

田んぼの縁に必ずと言っていいほど咲いているユウゲショウ。

午前中から咲いている夕化粧

夕化粧ってそんな花らしいですよ。

※ ゲンノショウコの赤花に似ていますがアチラは花びらが5枚

  コチラは4枚。

031.jpg

イヌホオズキ

033.jpg

どこがどう良いのか自分でも分からないのですが、好きな花。

林の開けたような所でよく育つ ベニバナボロギク。

ボロはこの綿毛の姿かららしいですが、

花は身なりじゃないです。

きっとこの花は心に紅い炎を持っているんだ。

最初のほうに載せていたタツナミソウですが

ピンボケのように見えましたでしょう?

あれをトリミングしますね。

004タツナミソウ.jpg

もう正午近いというのに、朝露が残っていたんです。

水から上がった水鳥の子供みたい (^^)

042.jpg

スギナについている露のところどころが虹になっていて・・・。

いえ、言葉では言い表せません。

  ・・・・・・・・・・・

 この世にて 成すこともなく逝く身なば 大気となりたし 朝露のごとく

                      詠み人 (= ^ ^ ゞ

  訳: 招き猫

生まれてから何も人様のお役に立つこともなく、

夫を運転手と呼び、家事は手抜き育児は成り行き任せ。

ただ大食をむさぼってきただけの私ですから

いつかはコッソリとこの世から消えてしまいたい。

それまでは好きなものを食べ、好きな事をし、

朝露のようにキラキラと輝いていましょう。

(ちょっと違うような気もするけれど、ま、いっか^^)

045.jpg

 「か~ッ、恥ずかしい!」

なんでヤマトシジミが私の詩で恥ずかしがるのよう。失礼ね!

046.jpg

はじけたヤブツバキの実。

この実から椿油をとります。

052.jpg

・・・道に何か転がってる (・・?

053.jpg

果物だ♪

050.jpg

見上げると・・・・・ 何の実かな。

  (手が届かないからすぐに興味をなくす招き猫)

山に入りま~す。

057.jpg

道が険しいで~す。

コケル時はカメラをかばってくださ~い。

061.jpg

みそぎ場に着きました。

(早ッ)

065.jpg

写真中央の大きな岩の前にしめ縄が張られています。

067.jpg

これが不動滝。

下の滝つぼで(滝つぼですが、何か?)“みそぎ”をします。

私はしません(念のために言っておかなくちゃ)。

この滝の水は枯れていることが多いそうで

私たちは霊気を浴びられて良かったです。

074.jpg

あら、もうヤブコウジに実が出来ていますよ。

そういえば花をまだ見たことがないですねぇ。

ここは谷間で暗いのですが、- 1/3 でも明るく撮れてしまいます。

076.jpg

露出補正を - 1 にしました。

これで目で見たのと同じになりました。

この日もサクラタデに会えず。。。

087.jpg

ミズヒキやハナタデはたくさん咲いていたのですが・・・。

お茶の花を見つけましたよ。

089.jpg

  チャ ツバキ科  花期 秋

090.jpg

チャの花はほとんどが下を向いて咲きます。

だから上向きのお茶の花に会えたのはラッキー♪

これでさっき浴びた霊気の力は使ってしまったかな。


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。